• 2017_09
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2017_11

誤字と脱字の平行線

アルバイト 7

高校時代の於威さんのアルバイト話 とうとう大津目



アルバイトを始めた於威さんがバイト先で知り合った女の子と仲良しになりそして・・・・・・



波乱万丈なアルバイト生活もとうとう最期が見える









好きな子が遠くへ行ってしまう於威さんの気持ちにさらに負荷をかけるかのような修羅場





どうする於威さん













急に飛んできた言葉


どうしようもない於威さんだが覚悟を決めた








そして







その子が電話をした。



「今ビック○ドンキーの入って左の所にいるよ」




と、話から察するに彼氏に電話をしていたのだと思う。











そして






彼氏が来るまでの間に於威さんは、その子にこう聞いた





「なんで彼氏を呼んだん・・?」




すると




「3人でちょっと話したくって・・」




「彼氏、凄く似てるんですよ!」





と言ってきた。

於威さんを似ている・・ということか・・・・






そして、すかさず於威さんは


「似てるって俺に?」






と、当たり前のような事をあえて聞いた




「です!」






と力強く、、その子は答えた









早く家に帰りたい。

そう思っていた於威さん



早く時間が過ぎろ。

そう思っていた於威さん







彼氏が来るまでの間がとてつもなく長く感じた。





だがその時於威さんは思った











さっきの質問、答えになっていない・・・・











そう思うとすかさず於威さんはダイレクトアタック




「んで、なんで君の今日別れた彼氏と俺とで3人で・・?」



「なんかあんの?」








クリンヒット 


の様に思えたが、、、、





その子はリバースカードオープン





「それは・・彼氏がきてからいいますw」







じらし。



じらされると凄く気になる




気になる





気になる






だが




於威さんは凄く不安になっていた





こんな体験をした事がまずないからだ。





誰しもこんな修羅場になるとは到底思うまい。





人生で初めての修羅場を感じて居た於威さん




するとその子がこう言った




「やっぱり嫌ですよね」









俺の表情を察したのか・・・それとも――






彼女の表情はいつも明るく笑顔に満ちていた


だがこの日だけはそうではなかった。。



なるべく明るく振舞っているようには見えた

だが
それでもその子の表情には悲しさが滲みでていた







於威さんは今出来るだけの答えを出そうとした



そして





於威さんはこう答えた


「別にいやじゃないけど・・やっぱり理由がわからんと不安だね」



「でもまぁ・・・・逆につらくないの?別れたのに・・」





向こうは何を考えているか於威さんは知る由もない








不安と悲しさと疑問 全てが於威さんに降りかかる



自分自身、今はどうしていいかもわからない於威さん。




今言えるのは疑問を聞くことだけ

於威さんは疑問をぶちあける








そしたらその子が




「本当につらすぎて・・だから3人でごはん食べるんです」












於威さんはなんの役目なのか







場の雰囲気を変えるためか・・


それなら二人の共有の友人でも誘えばいいはず






なのになぜ 於威さんをチョイスしたのか



その時、於威さんはそれが気になって仕方なかった











そして











時がきた












急にその子が手を挙げた








まるで、誰かを呼ぶかのように・・・・・












於威さんは覚悟を決めた











そして





とうとう



於威さんが気になって気になって気になって気になって気になりすぎてやばい女の子の


彼氏と対面




於威さんが惚れるだけの女の彼氏なだけあって

確かにイケメンだった







於威さんはその彼氏を見つめる






向こうも於威さんを見つめる






見つめ合う二人・・・・・・・・






そして彼氏の方が於威さんに向かってこう言った





「はじめまして・・このバカをよろしくお願いします」





















「!?!?!?!?」




於威さんは史上最高のクエスチョンを頭に掲げた
















次回最終回






スポンサーサイト
  1. [ edit ]
  2. リアル
  3. / トラックバック:0
  4. / コメント:2

  1. 2014/08/07(木) 01:06:52 |
  2. URL |
  3. ジャガー
  4. [ 編集 ]
焦らすなよ!
はよ!続き!!

  1. 2014/08/07(木) 01:25:58 |
  2. URL |
  3. 犂空
  4. [ 編集 ]
このストーリー
なんかすごい惹かれるww
於威さんすごいねぇw さすがだよ!続きはよ!


 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

於威

Author:於威
NEXONの提供する至高のゲーム
【Asgard】をプレイ中のSoloistブログです
現在イアサーバーにて活動中

自己紹介

善魔:Lv120 / 120 / 92 / 93
善聖:Lv120 / 112 / 95 / 95
善預:Lv120 / 107 / 71 / 72
悪賊:Lv120 / 106 / 81 / 81
善修:Lv 97 / 80 / 55 / 56

その他倉庫が何個か・・
活動はあまりしてないです



面白いゲーム募集中┗(;´Д`)┛


なぜか前回のブログは作って二日目で
強制凍結サレマシターwww
http://repillasgard.blog.fc2.com/


不定期更新ですが・・少なからず見てくれる人が居る為続いてます

FC2カウンター

最新トラックバック

« 2017 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR


.